暗号認証攻撃手法|規格




2009年07月29日

指紋認証をすり抜け


 

指紋認証をすり抜け

韓国籍のホステス。7年前にも不法滞在で強制送還されたホステス。今度は「堂々と」入管の指紋認証チェックをすり抜けて、入国。しかし、悪いことはできないもので、取締りにあって、あえなく御用。

ミッション・インポッシブルならまだしも、実際に、そういうことができるというのは指紋認証が生体の「表面」をスキャンすることによる仕組みの弱さが露呈、ということに。

表面ではなく、なりすましの可能性の低い「内部」であれば、たとえば静脈認証とかであれば、もう少し不正を防げるかもしれないのに。こんなホステスにできる程度なら、携帯カメラとかPCの指紋認証も・・・やばいかもしれません。


2009年1月にも同様の手口で事件がありました

「特殊なテープを指にはって指紋を変造し、審査を通過した」

とのことです。組織的な犯罪かな・・・

両手の人さし指にイミテーションテープをつけてたらしい。
 

posted by 管理人さん2 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件です | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。