暗号認証攻撃手法|規格




2009年12月17日

共通かぎ暗号方式


ワキ専用消臭クリームお買得3個セット!脇に塗るだけで1週間持続!臭いを防ぎます最新版のラビ...

共通かぎ暗号方式    ... 国際規格による情報セキュリティの保証手法
                     
平文→暗号文に変換する暗号化と、暗号文→平文への復号の際に、同じ鍵を使う方式。
 
 別名: 秘密鍵暗号方式、慣用暗号方式、対称暗号方式


共通かぎ暗号方式は、ストリーム暗号ブロック暗号に大きく2つに分けられ、さらにブロック暗号には「フェイステル構造」 「SPN 構造」がある。SPN 構造の SPN とは、置換(S)+転置(P)+ネットワーク(N)の頭文字である。ストリーム暗号は、電話や有料テレビなど連続データの暗号に適している。

※ S : Substitution  P : Permutation


暗号一般知識
暗号化の基本として、昔からつかわれているのは、「置換」と「転置」である。前者は「おきかえ(換字)」、後者は「並べ替え」を駆使することにより、暗号強度は高まる。置換の中で有名なのはシーザー暗号でSボックスという置き換えのための表を用いて暗号化を実現する。ロジックがシンプルであるため、システムに組み込みやすい。また、処理速度は早い。

一方、デメリットとしては、以下のことがあげられる。

 1.送信相手に安全に鍵を配布するのが困難である
 2.相手先が増えると鍵の管理が煩雑になる

情報セキュリティ教本

情報セキュリティ教本

価格:2,500円(税込、送料別)



プリンストンテクノロジー Xiao CLEF2指紋認証搭載





 
ラベル:暗号 共通かぎ
posted by 管理人さん2 at 10:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 暗号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする